フレームアームズ・ガール 第02話『飛べないスティ子はスティ子でいいのかな?/お掃除するぞ!』

「飛べないスティ子はスティ子でいいのかな?」

轟雷とのバトルに負けた後、なぜか飛べなくなってしまうスティレット。
これってまさかトラウマ!?
スティレットのトラウマを克服させようと頑張るあお、轟雷、バーゼラルドだったが・・・

第02話にして百合を意識した回でしたわね。同性愛でどうこうという話ではなく、プレーリードッグのあいさつみたいな感じなので百合好きというより萌え豚を意識したものですけど。前回で無様を晒した上に今回でのいじられ役。スティレットの今後の扱いは暗雲が立ち込めてそうでなによりです。

まあ、この手のキャラクターは人気は獲得できるので。

「お掃除するぞ!」

あおがもらって来た古い型の『ロボット掃除機』を修理することになった轟雷達。
しかし実は壊れていなかった『ロボット掃除機』。
大暴れの『ロボット掃除機』ともっと大暴れのバーゼラルドで部屋の中は大変なことに!

神回。この回は本当によろしくてよ。壊れたルンバを貰ってきた挙句、いい加減なことを言って轟雷をやり込めようとするあおや、留守をいいことにいいたい放題のFAガールたちが本当にいい性格していましたわ。「このお掃除ロボは私に修理されるために生まれてきたのかもしれない」はちょっと深い言葉ですわね。多分間違ってはいないでしょう。

「鳥 風 雲 星… ぜんぶがわたし わたしがぜんぶ あしたはみなみ あさってはきた ぴいひゃらこんこん どんしゃ らららら 人生とは道だ そうだ旅行いこう」

勝手に家捜しする上に、ポエムとオリジナルのサインの練習をする家主をウシャゲラするFAガールたち。轟雷だけは裏切らないと思っていましたのに……神姫勢と比較するとこちらは若干畜生ですわね。そんな彼女たちの陰口を録音して、物凄いスピードで学習するルンバが面白すぎましてよ。

「鳥 風 雲 星… ぜんぶがわたし わたしがぜんぶ」「マジで。あお~。超ウケル~。ヒトとして恥ずかしい~」

ポエム垂れ流し暴走ギャルと化したルンバ先輩。まさかルンバに萌える日が来るとは……。

オチは更なるシャープ製品の紹介。汚い癒着を隠そうともしない姿勢は嫌いではありません。

この辺のネタは『ブキすぎる掃除機』で検索すれば意味がわかると思います。このアニメの視聴者の何割がこのネタをわかったのか甚だ疑問ですが、まあいいでしょう。少なくともわたくしは笑えたので。

pick up

充電くんの刑

電源コードを抜き差しするおしおき。発想が完全に変態のそれなので感心します。

充電くんの予約も開始されたので、薄い本のための撒き餌もバッチリですわね。

VSバーゼラルド

決闘者並みの自然な流れでバトル。おもちゃに戦わせるだけで稼げるのですから羨ましいですわね。相性の悪いバトルでしたが、お掃除ロボが吐き出した埃がチャフの役割を果たしたことで轟雷に勝ち筋が出来て勝利。空を飛べない轟雷が有利に立ち回れる相手なんているのかしら。

トリコロールカラーな見た目といい、性格といい。轟雷よりもバディ感出ているような。