WIXOSS-ウィクロス- AMAKUNI「黒点の巫女 タマヨリヒメ」

こんなタマを、見ないでね。

大人気カードゲーム『WIXOSS-ウィクロス-』より、いとうのいぢ氏デザインが話題となったルリグ“黒タマ”がAMAKUNIより登場!

黒い心に蝕まれてしまったタマのもうひとつの姿「黒点の巫女 タマヨリヒメ」を等身大1/1スケール(1/7スケール相当)にて立体化。いとうのいぢ氏の美麗カードイラストを、フィギュアならではのアプローチにより再現しました。黒のタトゥーが刻まれたしなやかで肉感的なボディライン、蠱惑的なまなざしが魅了する逸品となっています。

また、購入特典としてAKIRA氏による描き下ろしイラストを使用したPRカード「黒点の巫女 タマヨリヒメ」がもれなく付属!

さらに【限定版】には、同イラストを大判でお楽しみいただける「A2マルチクロス」が付属。こちらはポスターとして飾ることはもちろん、マイクロファイバータオルとしてもご使用いただける優れものです。

予約していた「黒点の巫女タマヨリヒメ」が届きましたの。受付期間が2016年9月までだったのですが時既に4月。身体能力が衰える一方で体感時間の処理速度だけが向上していく自分がちょっぴり悲しいです。気分的には余生を過ごしている感じなのですが、最近ではフィギュアを購入するたびにそろそろ死後を踏まえて生活しないとな……なんて考えてしまいます。

ホビージャパン限定受注アイテムだけあって外箱は中身がわからないデザインになっていました。「A2マルチクロス」が付属する限定版を購入しましたが、なんだか勿体無い気がするので開封出来なくてよ。タンスの肥やしに金を払うほうが勿体無いのですが、頭が悪いためにそれを踏まえた行動が出来ないのです。

ブリスターの中身は本体とピアスパーツ。説明書には特典のPRカードが付属していました。新規デザインのタマも美しいですわね。このデザインのフィギュアをお出しになった方がよろしかったのではなくて? 立ちポーズのほうが「太陽の巫女 タマヨリヒメ」と並べたときに統一感があって見栄えがよさそうです。いえ、制作メーカーが違うのは承知してますけど。

フィギュアとしての出来は概ねデコマス通りなのでよろしくてよ。細かいところまで造りこまれているし、肉感もムッチムチなので原作に興味のない殿方でも満足出来るのではないかしら? 残念ながらキャストオフはなし。台座はただ乗せるだけですが、ポージング的に安定感があるので問題はありません。台座は若干反射するようになっているので、後ろから眺めると際どい部分がみえるようになっていますわ。

グロウ前のタマでは出せませんわね、これ。

概ね出来がよろしいですが、難点はピアスが付け辛いことです。パーツ自体が折れやすそうな繊細なパーツなので触るだけでも怖い上に、耳たぶの凹み部分にあてがうのがとにかく難しい。前髪を外せるような仕様だったのなら幾分ラクだったのでしょうが、そういう心配りもありませんでした。ここだけは本当に残念でしたわね。

デコマスと比較すると若干角度が違うのですが、修正する気力が絶無ですの。髪の毛が干渉して装着が難しいので、ピアスをつけないで飾るのも選択肢のひとつかもしれません。

そんな訳で、「黒点の巫女 タマヨリヒメ」でした。WIXOSSの女の子は可愛いのでフィギュアを出してもらいたいのですが、あんまり展開されませんわね。人気的にリメ……ピルルクたん辺りが需要ありそうなものですけど。わたくし的にはドーナを推しますが。白、黒と続いたらやっぱり次は赤でしょうか。出すのならデザインは「轟轟 タマヨリヒメ之弐」か「チェイン・Wキャノン」でお願いしたいところです。

こうなると緑タマと青タマも出して欲しいですわね。