いさわ水の郷 さくらまつり

胆沢でさくらまつりをしていたので行ってまいりました。行ってきたというか、通りかかったらやっていたので立ち寄ったって感じですけど。胆沢まるごと案内所の前で開催されていたのですが、祭の規模に対して結構な人が来ていたので驚きでしたわ。よくこんなところに来ようと思いましたね、アイス以外何もないですよここ。

お祭イベントは色々と練られていたようで……。わたくしが足を運んだときには夕方5時くらいだったので時既に時間切れって感じでした。ブラブラと見て回りましたが、円筒分水工の巨大噴水が凄かったです。「バイオハザード」に出てきそうな施設でワクワクもんでしたわ。

水がドッバドバと溢れていてテンションがあがってよ。なんでも「日本一の円筒分水工」なんだとか。こんなド田舎に日本一の施設があるなんてわからないものですわね。まあ、こんなところでもないと農業用水を巡った争いなんか起こらないんでしょうけど。この施設は胆沢川の水を平等にわけるためのものなのです。

水の歴史公園「徳水園」は結構な広さだったので全部見て回れませんでした。4月30日(日)まで、徳水園付近から西へ約1.5km区間のライトアップと屋台の営業を行っているようなのでまた来るのもいいですわね。ここに夜来るのは怖いですけど。

せっかくなので屋台でトッポギを買って帰りました。韓国屋台料理の定番らしいですわね。わたくしはこの祭が初見でしたが、どいつもこいつも「トッポギ買ったんだー」みたいな反応を返してきて怖かったですわ。もしかしてわたくしってかなり物を知らない――?

料理としては甘辛いタレにお野菜とおもち的なものを入れて煮込む料理でした。てっきりスープをなみなみと入れてくれるものだと思ったら、殆ど絡める程度にしか入れられませんでしたわね。辛いのかと思いきや結構マイルドでクセになる味で美味しかったです。

これの他に、美味しそうなお好み焼きが売っていたので買って帰ろうとしたのですが、「予約で50分待ちになっちゃうんですけどー」などとふざけた回答が帰ってきたので帰宅。わたくしが注文しようとした商品を事前に予約するお馬鹿さんがいるなんてね。控えめにいって〇ねって感じでしたわ。顔も名前も知りませんが取り敢えず呪っておいたので、今頃口から蝿が湧いていてよ。あーもう、最後の最後でケチのついたまつりになってしまいましたわ。