フレームアームズ・ガール 第05話『アーキテクト・起動/おつかいレース』

「アーキテクト・起動」

轟雷VS迅雷のバトル中、バトルフィールドに突如として現れるアーキテクト。
実機が存在しないFAガール、アーキテクトとのバトルは不思議で特殊なバトル。
敵ながらも充実したバトルを経験できた轟雷と迅雷はアーキテクトとの別れを惜しんで――

前回の迅雷以上に唐突にアーキテクトが登場。自然な流れでバトルによるデータ収集とあおさんのお小遣い稼ぎのためにバトルをする回でした。お金に汚いあおさんやタッグを組んで戦う轟雷と迅雷の格好良さなど見所満載。オープニングムービーで轟雷を取り囲んでいる無数のアーキテクトはどういった描写なのか気になっていましたが、マジで分身したのには驚きでしたわ。

迅雷よりもニンジャしているような……。状況にあわせて戦術ルーティンと武装の変更をするアーキテクトに苦戦する轟雷達でしたが、アーキテクトの分身が天津飯システムだったためそこを付いて反撃。るろうに剣心ばりの物理法則に則った奇襲で無事に勝利を収めましたわ。

「バトル終了。敗北データ読み込み不可能……リロード……リロード……不能……過去データなし」「いままで負けたことがないから、プログラムが壊れたんじゃないのか?」

敗北を想定していないクッソ無能なプログラムでデータ収集を行うってどういう了見なんでしょうか……。ショック療法とばかりに無駄に百合要素をいれるのがナウかったですわ。

こうでなければ駄目なのかしら?

そんなこんなで謎の感動を残しつつ終了。オチが想定出来るのにちょっといい話風に感じられるのが凄かったですわ。背景音楽の力を思い知らされますわね。

別れの余韻もそこそこに、さっそく送られてくる実機。困惑するあおを他所に笑顔で受け入れるFAガールの我が物顔っぷりにおハーブ生えましたわ。これで部屋が全部埋まったわけですが、こうなると今後登場予定のフレズヴェルクがのけものっぽくてちょっと可哀想ですわね。

「おつかいレース」

『酢豚』を作り始めたあおが気づく。
『酢』がない!これじゃただの『豚』!
そこであおのために、『酢』を買うおつかいにでるFAガール達。
お使いレースに勝つのは一体誰だ!?

FAガールのはじめてのおつ回。この回は全体的に狂っていて面白かったですわね。お使いをレース式にしたら結果的に何瓶も買うハメになってしまうだろうとか、鍋からあげないで食材を台無しにするのはアホを通り超してちょっと可哀想な人レベルとか、そもそもFAガールにおつかいを任せて問題はないのかとか逆転裁判の法廷バトル並みに突っ込みどころに事欠かなくてよ。

「これもバトルです。一番最初にお酢を買ってあおに届けたチームの勝ちです!」

面白そうなことをみつけてはリーダーシップをとるようになった轟雷。なんでもバトルに繋げるあたり根本的に決闘者気質ですわね。チーム分けはスレイプニー太郎に乗った轟雷&迅雷チーム。空中チームのスティ子&バゼ子。何か乗り物を手に入れたらしいマテリア姉妹。徒歩のアーキテクトの4チームで競争でした。アーキテクト混ぜてあげて……。

結局お酢を買えたのは徒歩で赴いたアーキテクトのみ。何気に轟雷の初黒星回でした。

「ありがと……しかしだね。今出来るとしたら酢豚じゃなくて酢なんだわ……もういっかいおつかい行ってきてー! 今度は豚ー!」

溢れんばかりの女子力を発揮するあおさん。火力の問題じゃねーだろといいたくなりますがまあいいでしょう。そんな訳で豚のダイレクトマーケティングをしつつおつかいに再度赴くアーキテクトなのでした。しかし、本を売ったお金でごちそうしたりお礼に酢豚をつくったりと結構気前いい子ですわね。これが持てる者の余裕というものなのかしら。

古代猪が家畜化されたもの。弥生時代には日本で飼われていたという説あり。明治以降養豚場が増加。食肉用として定着した。現在豚肉は国内の食肉消費量でナンバーワン。ビタミンB1が大変多く、牛肉の10倍含まれる。そのために疲労回復効果があり夏バテに有効な食材としても注目されている。サブルーティン「おつかい」再実行。国内ではスーパーマーケットなどで安価で手に入る豚肉だが黒豚やイベリコ豚、三元豚などのブランド豚は高級銘柄とされ特定の餌のみを与えて育て……

明日には忘れる知識提供に感謝ですわね。