キラキラ☆プリキュア アラモード 第24話『転校生は妖精キラリン!?』感想

第24話『転校生は妖精キラリン!?』はピカリオの件に決着をつけたキラリンがいちかの通う学校に転入するおはなし。パルフェな存在として描かれてきたキラリンのこれまでにみせてこなかった一面があらわになり、オールレンジに愛嬌を振りまきました。

パルフェの描写の変化。ノワール様のしもべであるグレイブとエリシオの登場。そしてOPのが差し替えられるといった節目の回でしたね。新章スタートといった印象なのです。

新規OPはちょこちょこパルフェを加えたマイナーチェンジでした。浄化されたジュリオに未だに悪役面させているのはどうかと思いました。姉弟揃ってザクレロ並みに浮いてます。

今回の趣旨としては、シエルのポンコツな一面をみせることでその存在を他メンバーと等身大にすること。他人に頼れないという欠点を抱えるシエルに対していちか達がアンサーを出すことで仲間意識を強固にするのが目的だったようでした。

いちご山出身のくせにジャポニズムを発揮するあざとすぎるエセ外人っぷりや、腹ペコによる変身解除といった燃費の悪さがとても可愛らしかったのです。クラスメイトの前で妖精のすがたを晒すという大ポカをやらかしたけど今後も学校に通えるのかな? まあ見間違えですまされるんだろうけど。

変身を解いてしまったキラリン救出のために連携する中学生組がよかったです。ひまりんとあおちゃんが久しぶりに物語に絡んでいたし、いちかの謎ポーズは今回屈指のシーンだったのです。

久方ぶりのイナバウアー。

ぱっと見で笑えるネタを挟みつつも、シエルの発言に対するいちか達のスタンスを明快にするいいイベントでした。こういうのでいいんだよ、こういうので。バトル描写がどうしようもなく雑だったのがアレでしたが、この一連のイベントだけで全てを許せます。

別に無理して全員登場させる必要ないんじゃないかなあ。まるまる戦闘しない回があってもいいんじゃないかなあ。――などと感じるのですが、そうもいかないのでしょうね。色々と制約(ノルマ)があるなかシナリオをひり出しているのをヒシヒシと感じるので同情しなくもないです。

そんな訳で、第24話『転校生は妖精キラリン!?』でした。ピカリオの生存も確認できたし、シエルも可愛かったしでグッドだったのです。リオの休学を心配しているクラスメイトの子も確認できたので復学して欲しいなあ。

真月譚 月姫』よりもシエルがシエルをしていたのが面白かったです。