キラキラ☆プリキュア アラモード 第27話『アツ~いライブバトル!あおいVSミサキ!』感想

あおいのバンドが野外フェスに出演することに!

あこがれのミサキと同じステージに立てると喜ぶあおいだったが、
会場には2つのステージがあり、
ミサキと同じ時間に、別々のステージに立って歌うことに…!

人気バンドとお客さんをうばいあうと知って、
不安な気持ちをおさえながら、ステージに立つあおい。
だがミサキとの差を見せつけられ、落ち込む。

フェス終了後、あおいはいちかたちとグミを作るが、それもうまくできない。
思わず涙を流し、その場から立ち去ってしまう。

そんなあおいの目の前に、エリシオが現れて…!

第27話『アツ~いライブバトル!あおいVSミサキ!』は久しぶりのあおちゃん回。憧れの岬さんと同じ舞台に立つ夢がかなったあおちゃんが今回のライブで挫折を経験し、闇堕ちを経て更なる高みを目指すというものだった。

隣が大歓声で盛り上がっている一方で、あおちゃんのライブは地方巡業のプロレス並みの閑散っぷり。参加出来ることに大喜びだったあおちゃんが、岬さんと自分を引き比べて身の程と現実を知る様がまざまざと描かれていっぱいつらい。歌に乗せた思いを受け取ってくれないのが悪意ありきの敵役でないただの観客って辺りが特にアレだったね。

あんまりだよ、こんなのってないよ。

挫折から目をそらす為に自分に言い聞かせるように甘えの言葉を吐き出すところが妙に生々しい。本来ならノワール様が出張ってくるところだが、今回はエリシオがあおちゃんを強制闇落ちさせることに。

あおちゃんがいままで好きだったものを「苦しみ」と表現するエリシオ。元ファンがアンチになってしまうようにライブ会場を攻撃するあおちゃんだったけど、いちかの「らしくない」という言葉で自分を取り戻す。

ライブ終了後、自分の今の気持ちをクジラグミに乗せて岬さんに届けるあおちゃん。夢をひとつ叶えたあおちゃんが新しい夢をみつけたことに、岬さんもロックな反応を返すのだった。

そんな訳で、第27話は意識が高かった。テーマとしては常に目標は高く持ちましょう――かな。夢が叶ったというあおちゃんに対して岬さんが落胆をみせたりと、夢がかなうことを現状で満足して歩みをとめてしまうこととして描き、現状の至らなさをきちんと受け止めた上で更なる自己実現を目指しましょうといったおはなしだった。

岬さんのあおちゃんへの対応はちょっとアレだったけど。もともと『ワイルドアジュール』は『ガナッシュ』のコピーバンドとして「Soul Believer」を歌っていたり、オリジナル作曲で「青空Alright」なる曲も出してる訳で。それらの曲で使われているフレーズに対して、あおちゃんの言動が情けないのも事実かなぁと。憧れのバンドと同じステージに立つだけで「夢がかなった」はちょっとねえ。

何にせよ、あおちゃんが可愛い回だった。ライブ後になんとか平静を保とうとしたところをいちかに地雷を踏み抜かれて耐え切れずに感情を爆発させてしまったところが特に秀逸だったね。

残念だったのは、水嶌さんが嫌味を言っただけで役割終了してしまったこと。立ち直ったあおちゃんを満足そうに見守るところは萌えなんだけど、もうちょっとガッツリ絡んで欲しかった。

エリシオVS水嶌さんの肉弾戦に期待してるよ。