キラキラ☆プリキュア アラモード 第28話『ふくらめ!ひまりのスイーツ大実験!』感想

キラパティに謎のおじいさんがやってきた!

なんとその人は、
ひまりがいつも持っている本『スイーツの科学』の作者、
立花ゆう先生だった!

スイーツの科学にくわしいひまりは、
立花先生に頼まれて、
なんと「スイーツの科学大実験」の助手をつとめることに。

「スイーツの科学大実験」の当日。
たくさんの人を前に緊張しながらも、
立花先生と巨大スポンジケーキ作りに挑戦するひまり。

そしてついに巨大スポンジケーキが完成するのだが…。

第28話『ふくらめ!ひまりのスイーツ大実験!』は、『スイーツの科学』の作者である立花ゆう先生に見出されたひまりんが「スイーツの科学大実験」の助手をつとめるというもの。引っ込み思案なひまりんが人目に付く催しでの成功体験を通じて自己肯定を高めるといった感じのおはなしだった。

冒頭からなかなかにアバンギャルドな展開。いきなり現れたおじいさんにテストさせられた挙句、イベントの助手というカタチで巻き込まれるなんて「ありえな~い」。まあ何というか突っ込みどころには事欠かない回だったね。ひまりんが立花先生の近況を知らないのはどうなんだろうとか。

でもまあ、コンセプトが明快だったので非常にたのしめた。

本質的には自分の「大好き」を他人に伝えたいのに、過去のトラウマから自己評価が低く裏方に徹しようとするひまりんが「わたしなんて……」という殻を破るまでのものがたりとしてはなかなか。「スイーツの科学大実験」でのひまりんは可愛くて、特に「プティ*パティ∞サイエンス」が流れはじめる辺りはテンションあがるあがる。

失敗から自己否定してしまうひまりんを諭す立花先生もよかったしね。トボけた態度を取ることでひまりんを導こうとしている節があって好感を抱く他ない。

キラキラルを奪われた立花先生が気を失っている間、ひまりんがスイーツ知識を披露して場をつないでいたというオチがよかった。何もしないでイベントを終了させるという選択肢もあったのに敢えてこうしたところに今回での成長がみられるね。グレイブ戦での活躍といい、知性に勇気がはっきりとまぜまぜされた印象的な回だったよ。