キラキラ☆プリキュア アラモード 第36話『いちかとあきら!いちご坂大運動会!』感想

いちご坂大運動会の季節がやってきた!

家がとなり同士のいちかとあきらは、
同じ組で出場することに。

スポーツ万能のあきらに、
今年こそ、うちの組が優勝だ!と期待する源一郎たち。

そして運動会当日!

期待にこたえるように、
いろいろな種目で大活躍するあきら。

だけど、なんだかいつもと様子がちがう…?
気になったいちかは…!

第36話『いちかとあきら!いちご坂大運動会!』は、いちご坂大運動会の救世主になってくれるように大の大人に土下座で頼み込まれたあきらさんが病を押して出場。体調不良を察したいちかに咎められたあきらさんがみんなの為に頑張る理由を吐露するという回でした。

無理をさせてしまったことに申し訳なく感じるいちかに、それは違うと返し。あくまでも日頃から自分を支えてくれた町のみんなのためにがんばりたいと思っての行動であると諭すあきらさんのイケメンっぷりが半端ねぇ回でしたね。体調不良だのに全種目で一着取ってるし。

体調不良のあきらさんにボコボコにされる他選手が不甲斐ないともいえる。

今回はあきらさんの王子様っぷりに心癒されつつ、突っ込みどころ満載で面白かった。

  • いちご坂大運動会のクレイジーっぷり。
  • 喋るペコカス。
  • 再現においくら万円かかるんだ……な、あきらさんの昼食。
  • 名探偵・いちか。
  • 二足歩行になったディアブル。
  • ディアブルの登場で明らかになる町内会長さんたちの本音。
  • 綱引きの練習がディアブル戦でのいちか活躍の伏線。
  • どうみてもうんこにしか見えないショコラの攻撃。
  • グレイブさん乱心。
  • 蘇るあきら×いちか。

とにかく見所には困らない回だったね。特にディアブルの末路はハーブ生えた。

100年前の自分の力さえもこえたと豪語してあっさり敗北。おめおめと逃げ帰ったところでグレイブさんに轢かれて悲鳴をあげながら取り込まれるというスピード退場っぷりには、「お前何のために出て来たの」と問いたいレベル。

プリキュアにやられてカスカスのディアブルさんを取り込んだところでどの程度強くなれるんスかとか、巻原定男くんみたいに逆にグレイブさんが取り込まれるんじゃないかとか、色々と想像の余地があって今後の展開に目が離せないよ。

一番気になるのはノワール様の対応かな。グレイブさんよりもディアブルさんとの付き合いのほうが長そうだし、グレイブさん状況的にかなりヤバいんじゃないかと。

ノワール「お前何してくれてんの?」

グレイブ「ひっ」

大魔王バーンを前にしたハドラーのように滝汗流すんじゃないかとワクワクしている。今回は本当にたのしめた回だった。

ビブリー尊かったし。