キラキラ☆プリキュア アラモード 第37話『サリュー!シエル、フランスへ去るぅー!?』感想

明日はハロウィン☆

キラパティでシエルがスイーツを作っていると、
ソレーヌがやってくる。

ソレーヌは、シエルがパリにいたときのお店のオーナーで、
シエルを天才パティシエへと育てた人物。

ソレーヌは、いちご坂町はシエルにふさわしくないといい、
シエルをパリへ連れて帰ろうとする。

いちご坂がパリと同じくらいステキだというシエルに、
どこが優れているのか見せるようにいうソレーヌ。

いちご坂のいいところをアピールするいちかたちだけど、
なかなかわかってもらえなくて…。

第37話『サリュー!シエル、フランスへ去るぅー!?』は、シエルが務めていたフランスの店のオーナーが迎えに来るというもの。「才能のある者は最高のステージに立つべき」という考えからシエルをパリに連れ戻そうとする彼女の登場によって。シエルが自身の夢と向き合い、何故いちご坂に拘るのかを明快にするといったお話でした。

内容としては劇場版のイントロダクションといったところ。

いちかから教わった思いの力をスイーツを通じてセリーヌに伝えることで、いちご坂がシエルの才能を更に高みに導いてくれる場所であることを証明し。シエルの残留のみならずキラパティがセリーヌに認められるカタチで世界パティシエコンテストに参加する流れになりました。いい話でしたね。ピカリオに一切触れていないのがアレでしたけど。

今回はキャラクターが可愛く描かれていてよかった。

シエルを案じて、ツンデレっぷりを発揮するビブリー。

店員として真面目に働いていたりと見せ場が多くてよかった。「やりたいようにやりなさいよ」はビブリーじゃなきゃいえないよなあ。店閉めたらビブリーの就職先どうなるんだろう。年金なんてマトモに払ってないだろうし……。

パリジェンヌ気取っていたのに生まれがド田舎っぽいソレーヌ。

いちご坂とパリを比較して好き放題だっただけに正体が明らかになった途端面白すぎて駄目だった。田舎から都会に出た奴ほど地方民に辛辣になる傾向にあるけど、生々しすぎるだろ。

車を魔改造するグレイブくん。

取り込んだのお前じゃなくて車かよ。エリシオが内心で馬鹿にしているっぽくてハーブ生える。

来週のペコカス。

お前は可愛くないぞ。