キラキラ☆プリキュア アラモード 第42話『歌えWOW!あおいラストソング!』

あおいのバンド「ワイルドアジュール」が、
ミサキのバンドと対バンライブをすることに!

喜ぶあおいとキラパティのメンバーたち。
そんなとき、「ワイルドアジュール」のリーダー、
園部が家庭の事情でバンドを抜けるといいだす。

自分をバンドに誘ってくれた園部がいなくなることに
ショックを受けるあおい。

その姿を見たいちかたちは、なんとかあおいをはげましたくて
あることを思いつく…!

野外ライブを無事に成功させた「ワイルドアジュール」はキラパティで打ち上げをすることに。ミサキのバンドとの対バンライブが決まったことから意気込みをみせるあおいでしたが、リーダーである園部が学業に専念するためにバンドを抜けるといいだしてしまいます。

「ワイルドアジュール」は園部がつくったバンドであり、1人で歌っていたあおいを引き込んで居場所を提供してくれたのも彼でした。あおいはミサキを呼び出し、今まで通りの活動が出来なくなってしまった身の上を語りますが。ミサキは甘えを吐き出すあおいを突き放して去ってしまいます。

あおいを心配したいちか達は、あおいをキラパティに連行し。レッツ・ラ・パジャマパーティー。

枕投げで大暴れをした後。ペコリンがスイーツを食べたいなどとほざいた為「空のらいおんアイス」をはじめとした様々なライオンアイスをつくることに。ライオンアイスをみたあおいは思うところがあったのか、自分の悩みをスイーツに例えて「もし大すきなスイーツがなくなっちゃったら、どうする?」とみんなに問いかけます。

それぞれがらしい回答をするなか、「わたしなら作る」と言い張るいちか。材料はある。大好きという気持ちは消せないという言葉にあおいは立ち直り、徹夜で作曲作業を行うのでした。

後日、あおいはメンバーを呼び出します。

園部が抜けることでこれまでの「ワイルドアジュール」はなくなってしまいますが、あおい自身の夢が消えてしまったわけではありません。ひとりでつくった曲と夢見ることをやめない姿勢をみせたあおいに園部は感謝を述べます。そして園部の最後の曲をみんなで仕上げるのでした。

対バン当日、新曲をひっさげて舞台に立つ「ワイルドアジュール」でしたが、そこにエリシオが現れます。

奇術師風の姿に変身したエリシオは観客を粘土兵士に変え、更にはバンドメンバーとプリキュア達を不思議で便利な大風呂敷(ファンファンクロス)でその場から消し去ってしまいました。

なおも戦意をなくさないジェラートをエリシオは『真実の眼』みたいなデザインの檻に閉じ込め、観客のみならず声までうばいます。早速物理でどうにかしようとするジェラートでしたが破壊することはかなわず、無音のなかで精神的に追い詰められることに。それでも、これまでのことを回想したジェラートは絶対あきらめられないと声ではなく、心で歌い続けます。

フォニックゲインを高めたあおいは園部の絶叫に後押しされるように牢を破壊し、ジェラート・シェイクをエリシオに見舞います。あおいの歌の力で謎空間から復活したプリキュア達はプリキュア・ファンタスティック・アニマーレでエリシオのカードを破壊するのでした。

エリシオが去ったことでライブを再会。別々の道を歩んでいく園部に対するエール。そして、そんな彼がいたからこそこれからも夢に向かって羽ばたけることを叫ぶ『Aile』で会場をわかせます。

あおいの様子を見にやってきた両親はあおいの自由を認める発言をし、立神家の今後を水嶋に託すのでした。

 感想

これまで幾度となく挫折が描かれてきたあおちゃんの集大成が描かれましたが、なかなかいいお話でしたわね。これまでの彼女は園部くんがお膳立てしてくれたステージで叫ぶことが出来たけれど、それが失われてしまったときどうなってしまうのか――といったお話だったのですが。自分の夢を他人に依存させることなく、ひとりでも道を切り開こうとする強さをみせてくれました。

まあ一番インパクトがあったのは、『Aile』の演奏中に立神家の跡取りを水嶋さんに託しちゃうことでしたけど。水嶋さんなりに一線を引いていたところを、雷桜会長は実の息子として扱ってくれていたという素晴らしいシーンなのですが。オチにしれっと爆弾投下されたのでヤバかったですわね

それにしても、あおちゃんは別に後を継がないとは言っていないような……。

可哀想だったのは園部くんがあおちゃんの踏み台になってしまったことでしょうか。あおちゃんがキラパティとバンドの両立のために学年5位以内をキープしているだけに、受験のためとはいえバンドをばっさり切っちゃうのはちょっとねえ。

あおちゃんの精神的な自立のための話とはいえ、もうちょっと掘り下げとフォローをしてあげて欲しかったな……と思わなくもなかったり。サブキャラなのでしょうがないんでしょうけど。