キラキラ☆プリキュア アラモード 第44話『雪に秘めた想い!愛をさけべ、あきら!』

第44話『雪に秘めた想い!愛をさけべ、あきら!』は、エリシオの手引きでバニシングしたみくちゃんを連れ戻すお話でした。

展開としては、あきらさんが病弱な自分のために進路先を新しい病気の研究をしている大学にしようとしていることを知ったみくちゃんが自己嫌悪に陥り。それを嗅ぎ付けたエリシオがいたずら電話を通じてみくちゃんの闇堕ちを助長してしまうというもの。相変わらず闇落ちに拘っているエリシオさんですが、ここまで個人情報を握っているんなら放火でもしたほうが効率的だと思います。

「あなたはお姉さんの未来をうばおうとしています」など、引け目を感じて生きてきた病弱少女にはクルーエルすぎるワードを連発する大人げの欠片もないエリシオさん。みくちゃんは「こんなわたし もう…」と自身が消えることを願ってしまい、ノワールの世界に連れ去られてしまうのでした。

今回は全体的に演出がホラーでした。

そんな訳で、雪だるまにされてしまったみくちゃん。エリシオ曰く、ノワールの世界は心の闇が形になる場所とのことだったので心が美少女なら美少女になれるみたいですね。みくちゃんはどんな精神状況から雪だるまになってしまったのでしょうか、オレゴンの渦並みに謎です。

雪だるまに取り込まれたショコラはエリシオとのやり取りで、守っているはずだったみくちゃんを苦しめていたことを自覚し、自責と後悔に苛まれます。しかし、ショコラの心の問題は学園祭や運動会の時点である程度解決されている為、あっさり闇堕ち回避

「このさびしさこそが わたしの強さ そして愛だ!」

愛だ! 愛だ! 愛だ! ……と、エコー付きで世界の中心で、愛を叫ぶショコラ。

それでなお「これ以上わたしにしばられちゃダメ!」と拒絶するみくちゃんでしたが、ショコラは人を助ける仕事が自分のやりたいことであることを明らかにした上でキラキラルでみくちゃんを包みます。こうしてみくちゃんの闇は晴れ、エリシオの装備は投げやりに浄化されるのでした。

浄化の影響で空間にヒビが入ったので、崩壊を恐れたプリキュア達はさっさと脱出。

度重なる失敗で、プリキュアを闇に落とすの無理かも――と苦々しい態度をあらわにするエリシオ。そんなエリシオに対し、やさしいノワールさまは「心配はいらない」と自分の闇の凄さアピールをしてあげるのでした。

光と闇、両陣営共に心温まるやり取りでめでたしめでたし。結局、ノワールの世界に行く方法は明らかにされないままお話が終了するのでした。

ちゃんと描いてくれないとお子様が真似できないんですけど。