ベスト・キッド

『ベスト・キッド』は2010年に公開されたアメリカと中国による合作映画です。1984年に公開された空手映画『ベスト・キッド』のリメイクであり、オリジナルでの展開をある程度踏襲しつつ、主人公が師から教わる武術が空手からカンフーに変更されています。

物語は、母親の都合で北京へと移り住んだアメリカ人の少年ドレが、地元のカンフー少年チョンを中心としたグループに暴行を受けていたところを冴えないマンションの管理人ハンに助けられ。なんやかんやでカンフーオープン大会に出場する為に奇妙な稽古をつけられるというもの。

ドレはハンからカンフーを学ぶことで逃げずに立ち向かうことの大切さを学び、成長したドレの優しさによって悲しみを背負って生きているハンもまた救われることになります。

ジャッキー映画かと思いきや実際の内容はウィル・スミスの息子さんの為につくられた一本といった感じの作品。お笑い控えめのちょっと良い話系の作品でしたわね。オリジナルの『ベスト・キッド』は未視聴なので比較は出来ないのですが、カンフー版のこちらも良い作品だと思いました。

よくあるいじめられっ子がいじめっ子に立ち向かうまでの勇気が描かれた作品なのですが。アメリカ人である彼がカンフーを通じて新天地での礼節を学んでいくという側面も持ち合わせており、相手へのリスペクトを忘れず、歩み寄る姿勢の大切さが描かれています。

無礼を謝罪するために少女の家を訪れ、たどたどしい中国語での謝罪を読み上げたドレが許されるシーンは安堵と共に感動すること請け合い。結果がみえているカンフーの大会よりもこちらのほうが緊張感ありました

最終的には見事に優勝したドレをチョンが称え、少年たちはハンに礼を捧げて終了するという爽やかな終わり方。最後の展開は割りとキングクリムゾンですが、ハンとマスター・リーによる師匠対決がカットされているのでしょうがないです。スッキリしたい人は円盤を購入しましょうね。