リング

今回ご紹介するのは1998年に公開された『リング』です。知らない人はいないレベルで有名な作品ですわね。見ると一週間後に死んでしまう呪いのビデオテレビから這い出てくる黒髪ロングで白ワンピースの美少女。――というパワーワードが一世を風靡。和製ホラーの金字塔と称えられ、ヒロインである貞子たんは今現在でもオタクのオモチャとして愛されています。

内容としては、都市伝説の噂の取材をしていた某テレビ局のディレクターである主人公が、怪死を遂げた姪と「呪いのビデオ」に深い関係があるのではないかと調査を行ったところ、自身がガチの呪いにかかってしまったことを確信。元旦那に泣きついて運命共同体となり、余命一週間という恐怖のなか呪いを解く為に奔走するというものです。藪をつついたら蛇に噛まれたってところでしょうか。

「呪いのビデオ」に残された方言や新聞の記事といった断片を繋ぎ合わせ、古井戸に遺棄されていた山村貞子の遺体にまで辿り着くまでが描かれます。

作品としてはホラーですが、わたくし的には主人公である浅川玲子さんの奇行をスワリングしながらたのしむ作品ですわね。活躍を箇条書きにしてみました。

  • シングルマザーだのに実際に死人が出ている呪いのビデオを躊躇無く観賞。
  • 呪いを元夫である高山竜司にも拡散し、推理の殆どを依存する。
  • 部下である岡崎くんにろくに理由も説明せずに資料集めを押し付ける。
  • 井戸での水汲みに音を上げ、危うく竜司さんを殺しかける。
  • 体力の限界を察して役割を交代しようと井戸にはいるよう指示した竜司さんに「嫌よ!」と拒否。
  • 息子の呪いを押し付けるために、自分の両親にビデオを見せようと車を走らせる。

マジでイケてました。特にラストの覚悟決まった顔は最高でしたわね。

助手席にビデオデッキくんを積んで「お父さん? うん、いまからそっちに行くから。お願いがあるの。陽一のためなの」などと勝手なことをほざきながら暗雲立ち込めるなか車を走らせる鬼子母神っぷりが凄いです。孫の顔がみれるとウッキウキであろうお父さんのその後の運命を想像すると涙が止まらなくなること請け合い。最高に笑えます。

見所は辻遥子ちゃんがカーセックス直前に殺された姿ですわね。

太ももまでおぱんちゅを下ろした状態で殺されているので昂ぶりを誘います。子供にこんな無様なデスマスクを残された親御さんってどんな気持ちなんだろう――と思うと、ここに至るまでのスピンオフを製作して欲しいくらいです。名シーンだと思います。