キラキラ☆プリキュア アラモード 第49話『大好きの先へ!ホイップ・ステップ・ジャーンプ!』

第49話『大好きの先へ!ホイップ・ステップ・ジャーンプ!』は最終回でしたわ。エリシオさまとの決戦から1年後。どいつもこいつも自分の夢に向かって歩くためにキラパティに後ろ足で砂をかけるなか、ひとりだけ残っているいちかにも裏切りの兆しが……。

そんな訳で、義理や義務感と自分の夢とに板ばさみになって悩むいちかが、妖精たちの頑張りに後押しされるカタチで自分の夢に向かってホイップ・ステップ・ジャーンプするおはなしでした。

「ドラえもんが安心して……帰れないんだ!」的な展開はやはり胸を打ちますわね。

終盤でここまで活躍させるのでしたら、エアフレンドにしないでちゃんと存在感アッピルさせてあげればよろしかったですのに。いい話っぽいのですが、キュアエールの加勢がなければ負けていた疑惑が残るという引継ぎとしては痛恨の展開になってしまいました。まあ長老のフィジカルの強さは遺憾なく発揮されていたので彼に頑張って貰えばいいのでしょう。

もうひとつの引継ぎとして、「HUGっと!プリキュア」のキュアエールが登場。今作と違って肉弾戦を行うようなので次回作は大きなお友達も満足出来るわね。正直、今回の感想で真っ先に浮かんだのは、「やはり肉弾戦は必要だった」でしたわ。

みんなを応援する元気のプリキュアだそうです。「がんばれ♥がんばれ♥」と搾精体調管理をしてくれそうなプリキュアです。薄い本が厚くなりそうですわね。「はぐたん」が「はげたん」という中年男性に魔改造されることが目に見えているので今から楽しみですわ。

何だかんだで妖精たちが事態を解決。いちかは世界にとび出すことに決めますの。

数年後……。

ノワールさまとはーちゃんルミエルにそっくりなお子様の「大好き」を繋げるようにスイーツを食べさせるいちかでおしまい。救いを感じさせる終わりかたでよかったです。

戦闘がクソつまんねえとかOPのジュリオどうにかしろとか手放しで褒められる作品ではありませんでしたが、こういう作品をつくりたいというコンセプトが伝わってくるような内容ではありました。概ねよろしかったですわ。1年間ありがとうございましたわ。