HUGっと!プリキュア 第7話『さあやの迷い?本当にやりたいことって何?』

第7話『さあやの迷い?本当にやりたいことって何?』は、母親が大女優であり自身も過去に「野菜少女」として世間に認知されていたことが判明したさあやが、ライバルを自称するねぎ姉さん一条蘭世ちゃんとオーディションで対決することになるというお話でしたわ。

物語の主題は役を取れるかどうかではなく。さあやを取り巻く環境の掘り下げと、自分の心をきちんと見つめることの大切さに終始していたので蘭世ちゃんの空回り感半端なかったわね。後ろ盾なしで頑張っているひたむきな子なのだけど。

応援と称して『ハートアクセメーカー』の販促を絡めていたのがちゃっかりしていました。何だか新商品が出るペースが異様にマッハな気がするのだけど、毎年こんな感じだったかしら?

今回はシーカレに誘われたパップルに仕事を押し付けられたルールーちゃんがプリキュアの前に立ちはだかりました。オシマイダーの発注シーンに気合がはいっていて、今回はこれが観れただけでも収穫だったわね。排除成功確率99%を自称するだけあって、これまでの幹部よりも有能なオシマイダーを召喚していましたわ。

まあ、勇者王のファイナル・フュージョンの成功率よりも高い残り1%の勝利をプリキュアが拾えないはずもなく。戦闘力がもっとも低いと軽んじていたキュアアンジュの覚醒によってオシマイダーはしてやられてしまうのでした。青を最弱扱いする辺り、ルールーちゃんはパチスロのやりすぎだと思います。

さあやはオーディション落選したものの大切なことを学び、蘭世ちゃんは小悪魔に大抜擢されるのでした。めでたしめでたし。