HUGっと!プリキュア 第17話『哀しみのノイズ…さよなら、ルールー』

第17話『哀しみのノイズ…さよなら、ルールー』は、ブレインウォッシュの後に戦闘マシーンにされたルールーちゃんがプリキュアと肉体言語で語り合ったことで心を取り戻し、哀しみのノイズとクライアス社からさよならするお話でした。

型番がRUR-9500と判明。ロボットという語源を生み出した『R.U.R.』という戯曲から取られているのでしょうか。チャモチャ星よろしく、仕事をロボットに任せて堕落した人間が滅ぼされる話なんですけど。……パップルさまの末路が非常にまずいことになりそうです。

そんな訳で、バトル開始。パワードスーツに身を包んだルールーちゃんがこれまでの戦闘データを駆使してプリキュアを追い詰めます。エトワールは動きが正確なだけに予測可能。アンジュは人を助けようとするあまり隙が生まれる。エールは……特にとりえはないとのこと。

やりあっている内にこれまでに収集したデータがルールーちゃんの頭にフラッシュバック。苦しんでいるところに攻撃を受けたことで、ルールブレイカーをブッ刺された桜のようにパワードスーツが崩壊するのでした。

記憶がもとに戻ったルールーちゃんですが、おっぱいがはりさけそうと自己申告して苦しみます。

感情丸出しで拒絶の意思をみせるルールーちゃんのもとへ、ふたりの意志を継いだエールが突っ込み拳と拳によるコミュニケーションを図ります。ルールーちゃんはこれまでの自身の行いに対して罪悪感を覚えていたのでした。

ゆ……許された!

当然お怒りになるパップルさまでしたが、即レーザーを撃たれて帰れコールされてしまいます。生まれたての子供みたいに泣き喚いたかと思ったら即刻レーザーをブッパするルールーちゃんの変わり身のマッハぶりに一連のアクションは演技である疑惑が浮上してきました。

ルールーちゃんははなとHUGし、そこをえみるに目撃されて今週は終了。来週もふたりで絡むところをみるとウルトラマンエースみたいにふたりで合体するのかもしれませんね。あるいは今後のメンテナンスを見越して金持ちと仲良くなっておくということなのかも……。

実際、これからのルールーちゃんはどうするんでしょう。クライアス社の優秀な製品ということは量産されている可能性は高いでしょうし、ショッカーライダーのように襲撃してきた同シリーズを返り討ちにしてパーツ取りして延命していくのでしょうか。それでしたらわたくし好みなんですけど。