2次元少女に保護されました

『2次元少女に保護されました』は、HEAT-SOFTから発売された2次元美少女は日本の宝AVGです。

同ブランド『3次元少女を保護しました』の逆パターンの今作は、パソコンから二次元界の少女“マヤ”が登場。二次元人が三次元に現れるために必要なオタク力の減少を憂い、オタクとして目覚めさせようとマイペースに働きかけてくるマヤとの期間限定の同居生活を送ることになります。

シーンは全部で24種類。それぞれのシチュエーションに対する薀蓄を交えたオムニバス形式によるイメージプレイが主立っています。ヒロインはマヤだけですが、なりきりっぷりは流石の一言。アニメのキャラから義母までこなすスーパーウーマンっぷりですし、二次元人ということもあって処女膜の再生から、分身、変身、ふたなり化まで何でもありです。

まさかケツを掘られることになるとは思ってもみませんでした。

低価格ソフトだけあってCG枚数や差分が心許ないですが、浅く広くイメージプレイをやりまくる作品なので何がしか琴線に触れるシーンが見つかるかと。

注意点は、非処女であるということ。

処女膜は破らせてくれるのですが、何度も同じ事を繰り返してきた――という設定ですし、快楽主義者的な言動が散見されるのでメンタル的には結構ビッチです。念頭にいれておきましょう。わたくしとしてはすぐにヤラせてくれるというだけでオールオッケー。萌えることに何のためらいもありませんが、その制服は何とかしろ、とも思いました。