HUGっと!プリキュア 第19話『ワクワク!憧れのランウェイデビュー!?』

第19話『ワクワク!憧れのランウェイデビュー!?』は、前時代的なジェンダー論をかざすお兄さまがトゲパワワの浄化やファッションショーにドレスを着て参加するアンリくんへの感銘を経て態度が軟化するという新しいカップリングを予感させる回でした。

プリキュアのコンセプトである「女の子だって暴れたい!」に真っ向から唾を吐くキャラだけあって劇中の扱いはもはや悪役以上。チャラリートさんやパップルさまよりもずっとずっとプログレッシブな態度で一喝される姿には何ともいえない気分にさせられます。

はなですら瞬間沸騰湯沸し器と化すレベル。

安直にヘイトを集めるキャラにされたうえに、価値観をすべて否定されて絶句してしまうお兄さまの姿には涙出ますよ。そりゃブルゾンちえみにオシマイダーにされます。

オシマイダーにされてしまったお兄さまは容赦なくリンチされて苦しみますが、性質的には真逆のアンリくんがお兄さまの心を推し量ったうえでハグするというまさかの展開に。

女の子にボコボコにされるという悪夢をみたお兄さま。今回の件で何かに目覚めたのか、元からそのケがあって苦しんでいたのか、壇上にいるアンリくんに熱いまなざしを向けながら「きれいだったな…」とこれまでの考えを改める姿勢をみせるのでした。

お兄さまへのアンリくんの言葉に感化されたえみるとルールーちゃんが改めてプリキュアを目指すことを宣言して終了。プリハートがのこり1個しかないことが明かされたので、誰か抜けるしかない予感です。とりえのないはな、スケートで忙しいほまれ、誕生日なのに祝ってもらえなかったさあや。可能性が高いのは……。

今週で見納めになるかもしれません。

そんな訳で、今回は自分の心を愛した上で多様性を認めることの大切さが描かれました。雨の中、傘をささずに踊る人がいてもいいってネゴシエーターも言ってましたしね。やりたいことはわかるのですが。結局、露骨にいやな奴を出して受け手の思想を誘導しただけな感じがしたのでバッドムード。多様性を尊ぶならお兄さまの考えも否定的に描いてはいけないのでは。