HUGっと!プリキュア 第24話『元気スプラッシュ!魅惑のナイトプール!』

第24話『元気スプラッシュ!魅惑のナイトプール!』は、町内会の夏休みイベントの会場が理想と違っていたことに落胆したはなに町内会長さんが予算無制限で好きにやるように頭を下げてくれるアシッド☆ファンタジーでした。

頑張って飾りつけしただろうに、露骨に無礼な態度を取るはなに対して「主役はちみたちヤングだからね」と自分達の案を切り捨てる町内会長さんの対応に涙するしかありません。町内会の予算を女子中学生に好きに使わせるなんて普通に有り得ないのでおそらくは責任を感じてポケットマネーから出したのでしょう。

言っちゃなんですが、はなはたこ焼き屋の衣装を与えられたことに対する不満を隠そうともしなかった10話のあの頃からまったく成長していないんですね。イケてないと感じたものは良さを理解しようともせずに一方的にこき下ろすだけです。

町内会長さんが優しいからいい話風にまとまってますけど、やったことは他人様の企画にケチつけて自分達の理想のナイトプールに作り変えただけですよ。えみるが「このプールはわたしたちの努力と汗の結晶なのです」といけしゃあしゃあと言ってのけていた辺りはかなりサイコでした。

個人の自由の尊重や価値観の多様性を認めることの大切さを謳うシーンを描いてきておいて、今回の老人たちへの仕打ちは凄いという形容詞で表現するしかありません。町内会長さん達が準備した会場はチラシから想像できる通りの内容ですし、和風テイストなだけだったのもあって一方的にセンスがないものとして扱われているのはまったく納得出来るものではありませんでした。

今回よかったのは死んだと思っていた退社したダイガンさん達が笑顔で登場したことです。中年男性が会社を辞めても何とかなっている様が描かれているのはちょっとした癒しですね。パップルさまがダイガンさんにパワーハラスメントを行っている辺り闇が抜けきれていない気がしますけど。

さあやちゃんにオジ専属性が盛られそうでワクワクします。