HUGっと!プリキュア 第26話『大女優に密着!さあやとおかあさん』

第26話『大女優に密着!さあやとおかあさん』は、CMに出演して大ブレークしたさあやがテレビに映るようになったことで大女優の母親の迷惑になっていないか不安になり、顔色を伺うために撮影現場に足を運ぶお話でした。

勇気を出して迷惑になっていないか尋ねてみたところ、質問に質問で返された上に突き放すような態度を取られて傷心するさあや。そこに幼い頃のさあやを知る撮影スタッフが現れ、保育施設に頼らずに周囲の善意のもと撮影現場で育児をしようとしたれいらの過去が明かされることに。

思わず謝罪するさあやでしたが、「子供はそうやって大きくなっていく」「君たち親子を応援したいだけ」と温かい言葉をかけられます。

スタッフに促され、役作りに努力する母親の姿を陰から見せてもらったことで、失念していた母親の姿と自身の女優への憧憬を思い出したさあやは「いつかお母さんと共演したい」という今の自分の夢を報告するのでした。

そんな訳で、いままで放置されていたさあやと家族。夢の為なら、子供を連れていれば、周りに迷惑をかける甘えることは悪いことではないという姿勢が掘り下げられました。

いい話風ではあったのですが、結局さあやが全く覚えていないので撮影所での交流も育児に対するれいらの熱意もさあやが物心付く前に終わっているとも取れるのが落涙を誘います。現在のさあやがれいらに対して理解を示せていなかった辺り、私生活でもドライな対応されていたんでしょうし。

何より酷かったのは、さあや回なのに戦闘で決めるのがマシェリとアムールだったことです。

一応新技は出していましたが、ツインラブギターのほうが圧倒的に演出過多なので不憫な印象しか残りませんでした。何だかもう、お疲れ様って感じでした。