ロックマン

『ロックマン』は、1987年にカプコンから発売されたファミリーコンピュータ対応のアクションゲームです。青を基調にしたショタボーイがバスターを片手に同胞たちを破壊してまわるコンセプトが当時の少年たちの心にスマッシュヒット。長期に渡り派生作品がリリースされる人気作となりました。

コミックボンボンと共に成長してきたわたくしとしてもロックマンは思い入れがある作品で、池原しげと先生や有賀ヒトシ先生の漫画を読みふけり脳内プレイしていたものです。

今回はそんな『ロックマン』シリーズの1作目です。

内容としては、悪の天才科学者・Dr.ワイリーに改造されたことで暴走をはじめたDr.ライトのロボットを片っ端から介錯していくというもの。ロックマンの立場からすれば平和のために兄弟殺しをやっているようなもので、展開としては1作目からしてなかなかヘビーです。

ボスを倒すことで入手出来る特殊武器を攻略に役立てる――というコンセプトは初代の時点で完成されており、不本意な戦いに巻き込まれた兄弟たちの屍を乗り越えて強くなっていくロックマンの悲哀を思うと胸が熱くなります。

さて、『ロックマン』といえば歴代でも難しいとされる作品ですが。わたくしがプレイした『ロックマンクラシックスコレクション』では進化したUIのおかげでかなり遊びやすくなっていました。

セレクト連打でボスの無敵時間を消す裏技こそなくなっているものの、代わりにいつでもセーブ&ロードが可能となっているので任意の場所で無限コンティニュー出来るようになっています。これがもう邪道ともいえる無敵チートっぷりで、凶悪ボスとされるイエローデビルだってトライ&エラーでノーダメ撃破できるのです。もう何も恐くない。

わたくしが普通にプレイした場合、こんな結果はありえません。

初代ならではのガバガバのバランス調整でなかなかの難易度を誇る本作ですが、『ロックマンクラシックスコレクション』なら多い日も安心です。むしろセーブ&ロード機能のおかげで新たな境地にたどり着けたといっても過言ではないでしょう。

というのも、本作では以降のシリーズに引き継がれなかった独自の仕様があるのです。

  • スコアの概念があり、ハイスコアを求める楽しみが用意されている。
  • クリアしてEDが流れても何事もなかったかのようにステージを選択して遊ぶことが出来る。

これまでの『ロックマン』ではパスワードがありませんでしたし、ゲームオーバーになったらスコアが消滅するのであってないようなものだったのですが、安全マージンを取りつつ記録に残せる『ロックマンクラシックスコレクション』では新たなやり込み要素に出来る予感です。

普通にプレイしているだけでは得られなかった境地にたどり着けるチャンスです。どこまでポイントが溜まるのか確かみてみるのも一興ではないでしょうか。わたくしはやりませんが。