HUGっと!プリキュア 第31話『時よ、すすめ!メモリアルキュアクロック誕生!』

第31話『時よ、すすめ!メモリアルキュアクロック誕生!』は、以前通っていた学校で孤立するきっかけとなったヘボットエリちゃんとの再会で様子がおかしくなったはなが、心配した周囲の人達からの応援により過去に向き合う強さと自己肯定を手に入れるという新アイテム販促回でした。

勇気を出して過去と向き合ったことで得られたエリちゃんとの再構築が、幸福を停滞に求めるクライアス社の経営理念に対する反論になっていたりと何を伝えたいのかはわかりやすかったです。コンセプトは悪くなかったです。ここに至るまでがメタクソという点を除けば。

今回に至るまでのはな自身とはなのいじめ(?)描写がふわふわしているのでどのような状況で各々が行動したのか想像するしかないですし、そのせいで自己肯定に至るまでの描写が身内贔屓による甘やかし――というか自己啓発セミナーっぽくて気持ち悪かったです。

あなたは悪くないよ。悪いのはまわりのひとたちだよ。

急に歌うよ。

\(^o^)/

よかったのはジンジンとタクミによるはっちゃけぶりですかね。演技が酷すぎて放送事故レベルだったのである意味面白かったです。しかしジェロスは来週からどうなるんでしょうか。失態の責任押し付ける相手がいなくなりましたけど。